こんにちは。
中途入社3年目のClaireです ! 

若手メンバが弊社の業務内容などをこれからどんどん投稿してくれるはずなので、社会人歴13年目のである私からは中堅?エンジニアの休日の過ごし方を一部プライベート全公開でご紹介したいと思います

これからエンジニアを目指す方や中堅エンジニアの方で、休日をどのように過ごしたらいいか少し悩んでる皆さまのご参考にしてもらえれば幸いです。

(注)あくまで個人の主観に基づく投稿内容となりますので、会社業務内容等が
   知りたい方は本記事は読み飛ばすことをお薦め致します。

休日の過ごし方 | 三カ条

私は主に全力🤾‍♂️でOFFを充実させるために、三カ条に基づきお休みを過ごしています。
至って特別なことはなく、シンプルです。

  • 身体を労わる
  • 好きなことをする
  • ひとりの時間をつくる

なぜ、私が休日の過ごし方三カ条を設けたか・・・
その理由は『出不精』だからです。1歩も外へ出ない、人にも会わない引きこもり具合。
このままじゃリア充ならぬ、乾物女まっしぐらだと自主規制を発令した次第です。
はい、お恥ずかしい(〃ノωノ)

では、早速三カ条に基づき一部休日内容をご紹介します!

1.身体を労わる

自分の身体が望む「行動」をすることが大事であると通説に感じています。
私は身体を労わる行動をするように生活パターンを変えたらモチベーション低下の抑制や心にゆとりができるようになりました。
また何よりも一番の成果は『体調を崩さない』事です!ここ2~3年、体調不良で休んだ覚えがないぐらい身体を自身でコントロールできるようになりました。
( 個人的にはもう少しか弱いぐらいの女性の儚さが欲しい強い願望はあります・・・

是非みなさんも、自身の身体が喜ぶことを体感し行動に移してもらえるとよいのではないでしょうか。

<参考 | Claireの行動>
行動1. キックボクシングに行く ←平日も時間が取れれば、行くぐらい夢中🥊
行動2. ひたすら寝る
行動3. 日常の喧騒を離れて、非現実的な場所へ赴く(美術館・水族館・海・山・海外旅行・世界遺産巡り・・・等)

2.好きなことをする

好きなことは放っておいても休日だけでなく、平日ももちろん時間が空いたら勝手に行動起こしているのでこの辺りはご紹介するまでもないと思いますが・・・
どんな人物が働いているかリアルレポートをお送りする為、私の一部プライベートをご紹介させてもらいます。
拙いですが、あしからずm(__)m

<参考 | Claireの好きなこと>
すき1.気になったことをひたすら調べる(ググりまくる)& 実証してみる
エンジニアたるもの、探求心が学習意欲があると勝手に知識がついていて思わぬところでその知識が活かされるので大事な素質の1つだなっと感じます。好きなことだからこそ、探求心が学習意欲が自然と湧いてくるので「仕事=好きなこと」に繋げられると自身の技術力の成長幅がより拡がるのではないかなっと思っています。

くだらないミスでハマる → 予期せぬエラーに対して調べた結果 → 解決!
この、失敗 → 成功の繰り返しが成長に繋がり、今日より明日微々たるものでも知識の量が積み重なることでエンジニアとしての技術力に繋がるのではないかと通説に感じる今日この頃です。
特に弊社のエンジニアで探求心が強いメンバ程、ゲーム感覚のように仕事を楽しんでる気がします。

(例) 思わぬところでエラーにハマる・・・icon-angle-double-right解決!icon-angle-double-rightBotが正常動作し喜ぶ♪ 


すき2.アニメ・漫画・本の空想世界に耽る ←アニメはQuater単位にシーズン完了したら一気に観る派です。
すき3.キックボクシングジムに行く
すき4.料理
すき5.ゴルフ   等 ・・・好きなものや好きなことがたくさんあるといいですよね。

3.ひとり時間をつくる

人によると思うのですが、私はこの時間がとても重要です。
頭の整理ができ、週単位の予定の見直しや仕入れた知識の整理するこの「ひとり時間」は私自身の人格?人物を形成する上で必要な時間です。人脈を広げる為に他者の方と関わる時間も大切ですが、それ以上に立ち止まって色々思考を巡らせるこの時間が私にとってはベストパフォーマンスを業務で発揮できる為の足掛かりになっていると思っています。
日々、世話しなく時間(納期)に追われることも多いので、この縛られない時間が人によっては有用なのではないでしょうか。

さいごに

弊社エンジニアは個性の強いエンジニア集団の集まりです。
フルマラソン完走者・富士山登頂した者🗻・音楽家・トライアスロン完走者・社会人野球に全力闘魂者等など、挙げたらキリがありません。今後は、他のメンバの休日の過ごし方もリアルにお伝えしていく中で弊社のエンジニアの人柄を皆さんにお伝えできれば思います。


(注) 今回ご紹介しました休日の過ごし方はとあるエンジニア個人の一例となりますので弊社エンジニアが皆同じように過ごしているわけではございませんのでご注意下さい。