こんにちは、先日引っ越し先を決めたCyndiです。
今回は引っ越しについて思ったことを書いていきます。
是非、圏外から東京へ引っ越しされる方は参考にしてみてください。

良い物件探しは相性の良い仲介業者探しから

1~3月は引っ越しの繁忙期です。仲介業者も忙しいためか

・条件が合っていなくてもごり押ししてくる仲介業者
・とりあえず営業所に来てと連絡してくる仲介業者

など、ちょっとやりづらさを感じました。
(当たり前だが営業所に行くと決めるまで帰りづらい雰囲気があるような..)

複数連絡をとった中で、結果的に選んだのは営業所に行かずとも契約まで進めてくれる仲介業者でした。
その仲介業者さんと約1か月ほどSNSでやり取りをして条件に合う物件を見つけることができました。

物件探しが一段落したところで…

大手不動産サイトから希望物件を探して空き状態や、入居時期を確認依頼するのはこちらの担当だった為
この点をもっとスマートに出来たんじゃないかと振り返る。
定期的にサイト見て探すのも意外と時間かかるし..
希望条件に合う物件一覧出して、そこから更に気になった物件を仲介業者さんに確認依頼するとかいいんじゃないかと。
と、いうわけで物件リストを作ってみました。

スクレイピングでリスト作成

コードを書かずとも簡単にスクレイピングできるツール「Octoparse」を使ってみました。
クリックとドラッグでワークフローを作成し、出力条件を設定し簡単に物件リストを作成できました。
(細かい操作は割愛、「Octoparse スクレイピング」で検索すると丁寧に解説しているサイトが複数あります。)
設定画面↓

実行画面↓

出力結果はこんな感じにシンプルに必要な情報を一覧で見れるようになりました。

仕組みを理解すると確かに簡単で、他にも応用できそうだなーという感想です。
次回引っ越しをするときは使用してみたいと思います!(いつになることやら…笑